独学でせどりは稼げるのか?

せどり全般
・せどりは独学でも稼げるのか?
・せどりのコンサルやスクールには入るべき?
・せどりの情報商材ってどうなの?
この記事ではこういった疑問にお答えしていきます。
記事内容
・独学でせどりは稼げるのか?
・せどりコンサル・スクールには入るべきか?
・せどりコンサル・スクールの見極め方
・情報商材は買うべきか?

・まとめ

 


記事の信憑性について

僕のせどり歴は4年2ヵ月ほどです。

開始1ヵ月目が月商55万円で、現在最高月商が1670万円(AmazonとYahooショッピングの合算)です。

利益率は15%前後といったところです。


Amazonの売上


Yahooショッピングの売上

 

過去に1年間せどりスクールの講師を担当。

約150人の人にセミナーや仕入れツアーを実施してきました。

取扱ジャンルは、オールジャンルですが、基本的に新品オンリーです。

中古は原則仕入れません。

新品せどりがメインですので、中古せどりの方にはあまり参考にならないかもしれません。

現在は、ほとんどの業務を自動化し、片手間で電脳せどりで仕入れをして、空いた時間でブログ執筆をしています。

 

 

独学でせどりは稼げるのか?

結論から書くと、独学でも全然稼げます。

むしろ独学から始めないと稼げないよというのが僕の持論です。

僕はせどりを始めたころ1ヵ月独学で必死に勉強し、月商55万円、利益10万円まで稼ぐことができました。

こういった経験からの持論です。

 

なぜ独学から始めないと稼げないかというと何点か理由があります。

・せどりで継続的に稼ぐためには自分の頭で考える力が必要だから
・壁を乗り越えられない人じゃないとビジネスで稼ぐのは難しいから
・誰かに頼っていてはただの養分にされるだけだから

といった理由です。

一つずつ説明していきます。

せどりで継続的に稼ぐためには自分の頭で考える力が必要だから

せどりはとにかく簡単です。

はっきり言って、知ってるか知っていないか、ただそれだけで稼げるか稼げないかが決まります。

だからはっきり言って、知ることができて、それを行動することができれば、誰にだって稼げると僕は確信しています。

しかし、問題はこの「知ること」です。

せどりの知識を得ることは、情報収集する能力が必要です。

情報収集する能力は、ある意味一種の癖みたいなものです。

この能力は誰かに教えてもらったらできるものではなく、自分の頭で考えなければできないことです。

具体的には、自分の頭の中で「なぜ」「どうして」「どうやって」を繰り返すことです。

・なぜせどりは稼げるのか?
・どうしてAmazonで売れるのか?
・どうやったら利益商品は見つかるのか?

こういったことを考える力が必要です。

もし、この能力が備わっていないまま、せどりのスクールやコンサルを受けると、ほとんどの場合、自分の頭で考えることを放棄してしまいます。

大学や専門学校と同じで、基本的には先生から言われたことしかしません。

宿題や課題を淡々とこなす。

基本的に自ら進んで何かを学ぼうとする学生って少ないと思います。

それと一緒です。

 

ましてやせどりは、給料をもらうお仕事とは違い、自分でお金を生み出す商売です。

この感覚が備わっていないと継続的に稼ぐことは難しいです。

 

あと、せどりは他のビジネスと違って、色々な知識を掛け合わせて自身のノウハウやテクニックを生み出すことで、さらに稼げるようになるという特性があります。

自分が生み出したノウハウなので、同じことをやる人が少なく、独占的に稼げることがあります。

これはスクールでは中々教えてもらえません。

壁を乗り越えられない人じゃないとビジネスで稼ぐのは難しいから

副業やビジネスが続かない人の特徴は、挫折して諦めてしまうところです。

せどりは簡単なビジネスではありますが、いくら簡単とは言え、いくつもの壁が存在します。

「利益商品が見つからない」という壁
「価格競争に巻き込まれる」という壁

こんな感じで色々な壁があります。

独学でこの壁を乗り越えていかないと、いきなりコンサルやスクールで人に教わる人は、

「イメージと違った」
「難しい・・・」

こういう言葉を残して、リタイヤする人がほとんどです。

 

まあ特にコンサルやスクールの大半は、楽に稼げますというオーバートークで人を集めます。

なので、壁を自力で乗り越えられない人が集まってしまうというのも原因ではあるのですが・・・。

独学で挑戦する人は、自分で調べて、自分の足で前へ進んで行く分、壁にぶち当たる回数が多いです。

そしてその壁は小さいものから大きいものまで様々です。

ほとんどの場合は小さな壁です。

独学の場合こういう小さな壁をいっぱい乗り越えていくことになります。

つまり失敗の経験が増えるわけです。

その経験値を積み重ねていくうちに、壁にぶち当たるのは当たり前の感覚になり、壁への耐性ができます。

そうすれば、多少の大きな壁は頑張って乗り越えようというメンタルが備わります。

ビジネスで大きく稼いでいる人はこういった大きな壁をいくつも乗り越えてきています。

 

誰かに頼っていてはただの養分にされるだけだから

これは言い方が悪いですが、他に当てはまる言葉がなかったのでこのまま使います笑

これは世の中の真理でもあるのですが、自然界は弱肉強食で成り立っています。

人間界も同じで、弱いものは強いものに支配されています。

サラリーマンは経営者に支配されていて、経営者や投資家の養分にされています。

 

ビジネスの世界でもそうです。

稼いでいるビジネス成功者は、稼いでいないビジネス初心者に稼ぎ方を教えます。

これを教えることで成功者はさらに成功するわけです。

 

自然界、人間界は、階層構造で成り立っています。

下の階層の人間は上の階層の養分なのです。

これは否定できない事実です。

多くの人はこれに気づいていないだけです。

気づかず養分にされています。

であれば、この事実に気づき、自分が上の階層に上がる努力をするべきと僕は考えています。

少なからず自分で考え実行することで、吸い取られる養分は少なくて済みます。

自分の経験値を積み、レベルアップしようという意気込みが必要なのです。

ただし独学には限界がある

独学から始めることはオススメするのですが、とは言っても独学で得られる知識や経験には限界があります。

天才であれば、全て独学でも大成功を収めることができるかもしれませんが、99%の人は凡人です。僕も凡人です。なんならそれ以下・・・。

凡人であることを認め、凡人なりの努力をして限界を感じたら、そこで始めて人の力を借ります。

独学では、知識を習得するのには時間がかかります。

自分で考え行動するという面では必要な時間と考えていますが、その後スピードアップさせるためには、お金を払ってでも人に教えてもらうことが重要になってきます。

多少養分にはされますが、これは自身の成長には必要な奉納金とでも思いましょう。

せどりのコンサルやスクールには入るべきか?

ほとんど上で書いてしまいましたが、コンサルやスクールに入るべき人は以下の通りです。

独学で稼げる限界を感じた人

上でも述べたように独学には限界があります。

人にも寄りますが、月収5~10万くらいが限界かと思います。

自分の稼ぎたい額が明確な人

独学の限界値が5~10万と考えて、自分が稼ぎたい額が月収30万以上という明確な基準がある人はコンサルやスクールに入るべきです。

目標が明確であれば、コンサルやスクールが後押しとなって目標達成のスピードを早めてくれます。

 

逆にオススメしない人は以下の通りです。

人に頼りっきりになる人はオススメしない

何度も述べていますが、自分の頭で考える力が必要です。

なんでもかんでも、人に聞いて教えてもらう癖がつくと継続的に稼ぐことは難しいです。

ずっとその人に依存しないと稼げないということになりますからね。

稼げない!詐欺!と文句をいう人はビジネスを辞めたほうが良い

これは賛否両論あるかもしれませんが、そもそもビジネスは自己責任の世界です。

「詐欺師は皆こう言って逃げている」というふうに思っている人は多いでしょうし、まあ僕もこれはそう思っていましたが、

そもそもそんなことで文句言ってる時間あったら、自分が稼ぐ努力をした方が良いです。

文句言ったところで稼げるようにはなりませんし、文句言う側も教える側も一つもメリットがありません。

あとネガティブ発言ばかりをしていると、そういう人たちばかりが自分の周りに集まってきます。

クレームや文句ばかりを言い合っている集団ってかなりやばいですよね。

人の不幸や人の弱点を突いて、ストレス発散している人たちに明るい未来はないですよ。

せどりコンサル・スクールの見極め方

とは言っても、コンサルやスクールに詐欺的なものがあるのも事実です。

すごく謳い文句が良くても中身を開けてみたら、ほとんど空っぽ、なんてところもあります。

幸い僕がこれまで受けたコンサルやスクールは全て当たりで、多くの学びを得ることができました。

あとは意識の問題もあるかもしれませんが、例え多くの人が中身が空っぽだったというスクールに入ったとしても、それだけ人を惹き付けるスキルを持った人たちが運営しているスクールです。

何かしらの学びは必ずあると思っています。

一応、中身がしっかりしているかどうかの見極め方は以下の通りです。

小規模なスクール、コンサル

規模が大きければ大きいほど、稼ぎづらくなってきます。

なぜかと言えば、そのスクールのノウハウを使う人がそれだけ増えるからです。

100人くらいならまだ大丈夫ですが、たまに500人とか1000人規模のスクールがあったりします。

一気にこれだけの人を集めるスクールは正直あんまり稼げないと思った方が良いです。

逆に小規模であればあるほど、稼げるスクールの可能性は高いと思います。

なぜかというと、集客にそこまで力を入れておらず、自身がプレイヤーの可能性が高いからです。

1000人規模集めるようなスクールは必ず裏にマーケッターが存在します。

そういう人たちは、如何にして人を多く集めるかというところに重きを置いています。

極端な話、顔を出している人はそもそもせどりをやっていない可能性だってあります。

そういうスクールよりかは、現役プレイヤーが細々とやっているスクールの方が中身は充実していると思います。

その人の人柄や考え方に共感できるか

これも結構重要です。

中身云々の前にその人に惹かれるかどうかです。

せどりやネットビジネスには稼ぎ方が様々です。

稼ぎ方の中にはちょっとグレーな稼ぎ方も結構あったりします。

そういった稼ぎ方に賛同できるのか、その人の考え方に共感できるのか、こういったところでスクールやコンサルを選ばれた方が良いですね。

ゼロから稼ぐ時は多少泥臭いことも必要ですが、自分の考えに合わないやり方でずっと稼いで行くのは結構しんどいです。

 

情報商材は買うべきか

対面型のスクールとは違って、情報商材としてノウハウを販売しているせどらーは結構多いです。

結論、こういった商材は買うべきです。

もちろん、その人の実績や考え方といった部分は調べてから購入した方が良いです。

謳い文句だけに惹かれて買うと大体失敗します。

 

僕も今まで色々な情報商材を買ってきました。

中身が薄いものもあれば、めちゃくちゃ濃いものもあります。

僕はその中に一つでも学びがあれば、買って良かったと思っているので、良さそうなものがあればバンバン買ってます。

 

スクールがどうも合わないっていう人は、こういう商材を購入して独学で勉強するのはアリですよ。

 

まとめ

まとめると以下の通りです。

・せどりで継続的に稼ぎたいのであれば独学から始めるべき
・自分の頭で考える力をつける
・壁は必ず存在し、乗り越える力、耐性をつける
・誰かに依存するビジネスはただの養分
・とは言っても独学は限界がある
・独学に限界を感じたらコンサルやスクールを検討する
・人に頼りっきりになる人は、コンサル、スクールはオススメしない
・稼げない!と他人のせいにする人はビジネス向いていない
・スクールは小規模がオススメ
・企画者の人柄、考え方に共感できるかで決めたほうが良い
・情報商材は積極的に買って勉強すべき

 

なんだかせどりスクールオススメするかどうかの記事みたいになってしまいました(^_^;

僕が伝えたいことは、スクールに入るとか入らないとか以前の問題で、自分の頭で考えて行動することです。

 

ちょっと上から目線に聞こえてしまうかもしれませんが、せどらーのほとんどは、誰かの情報に依存しています。

「〇〇さんがこれがオススメ!と言っていたからこれを使ってる」
「〇〇さんのLINE@でこの商品利益出ると言っていた」

こういう情報ばかりに頼ってるんです。

たしかにそれだけでもある程度稼げるかもしれませんが、価格競争に巻き込まれやすいし、実際は大して売れない商品だったりもするし、本当はもっと良い方法があったりもします。

皆自分で考えてないんですよね。

逆に言えば、これに気づき皆と違うことするだけで、だいぶアドバンテージを持つことが可能です。

なので僕は独学から始めることをオススメしています。

 

ぜひこれをきっかけにご自身の頭で考え行動する癖をつけ、せどりで大きく稼いでいってください。

 

今回は以上となります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いた人
あきひろ

人生失敗だらけの先にせどりに辿り着いた人。専業せどり6年目|組織化4年目|ブログ運営4年|ポイント乞食3年目|元エンジニア9年|元ギャンブル依存13年|「好きな時に好きな場所へ行く」「好きな時に好きな人に会いに行く」が生きがい。せどりの酸いも甘いも包み隠さず発信してます。質問、リプ、批判、お気軽になんでもどうぞ♪
twitterフォロー歓迎♪

あきひろをフォローする
せどり全般
あきひろをフォローする
あきひろぐ
タイトルとURLをコピーしました