せどりでFBAを使うメリットとは

せどり全般
  • Amazonでせどりを行う場合、なぜFBAを使うの?
  • FBAって手数料高いから自己発送で出品したほうが良いんじゃないの?

という疑問についてお答えしていきます。

 

記事の内容

  • FBAとは
  • なぜFBAでせどりをするのか
  • 場合によっては自己出品の方が良い場合も
  • 大口出品か、小口出品か

僕のせどり歴は4年2ヵ月ほどです。

開始1ヵ月目が月商55万円で、現在最高月商が1670万円です。

利益率は15%前後といったところです。


Amazonの売上


Yahooショッピングの売上

取扱ジャンルは、オールジャンルで、基本的に新品オンリーです。

中古は原則仕入れません。

現在は、ほとんどの業務を自動化し、片手間で電脳せどりで仕入れをして、空いた時間でブログ執筆をしています。

 

FBAとは

フルフィルメント by Amazon の略称で、商品の保管から注文処理、配送、返品対応までをAmazonが代行するサービスのことです。

物販で一番手間がかかる部分は、お客様の注文に対してのメール対応や、発送処理、返品の対応といったところです。

この手間がかかる部分を全部代行してくれるのがこのFBAのサービスです。

もちろんですが、代行手数料はそれなりに取られます。

小さいものだと商品単位につき250~500円程度

大きいものだと1000円以上取られることもあります。

また、Amazonの倉庫に商品を保管してもらっているので、保管手数料もかかります。

保管手数料は、ゲームソフトやDVDといったメディアの場合、月に数円程度、家電など大きいものになってくると、月に数百円から千円ほど取られる場合もあります。

フルフィルメント by Amazon(FBA) - Amazon.co.jp
フルフィルメント by Amazon(FBA)は、Amazonの世界屈指の配送システムを活用し、商品の保管から注文処理・出荷・配送・返品に関するカスタマーサービスまでを提供するだけでなく、Amazon.co.jpでの販売力を強化し、売上拡大を支援するサービスです。初期投資や固定費は不要で、1商品1点から柔軟にご利用いた...

なぜFBAでせどりをするのか

おそらくあなたは、

「FBAの手数料はかなり高いからできれば使いたくない。」
「そんなに高い手数料を払ってまでなぜFBAを使うの?」

というのが疑問点をお持ちかと思います。

FBAを使うメリットを順に解説していきます。

自己出品者よりも高く売れる

FBA出品の場合、自己出品者よりも高く売れる傾向にあります。

理由としては以下の通り。

  • 到着が早いから
  • 自己出品者よりカート取得率が高いから
  • 自己出品者より信頼度が高いから

到着が早いとなぜ売れるかと言うと、Amazonの利用者の特性を理解するとわかります

Amazon利用者の特性は、

  • すぐに商品が欲しい
  • 購入手続きがめんどくさいから手間をかけず購入したい

Amazonユーザーはとにかくせっかちです。

Amazonプライム会員になっているユーザーなんかは、注文したら次の日に届くのが当たり前と思っていますからね。

これが自己出品の場合だと、注文が入ってすぐ発送処理というのが中々できません。

副業だと尚更です。

FBA出品の場合だと、Amazon倉庫が24時間稼動しているため、注文後すぐに発送処理が開始され、だいたい次の日には届きます。

また、Amazonはカートに入れて、注文確定ボタンを押すだけで注文できますし、ワンクリック注文なんてことも可能です。

そのため、カート取得率の高いFBA出品者の商品から売れていく傾向にあるわけです。(カート取得率については後に解説します。)

Amazonユーザーはこの利便性に取り憑かれています。

そして、Amazonの商品は安いものという思い込みがあります。

実際Amazonの商品は安いものが多いのですが、もっと安く買いたいと思っているユーザーは、ヤフオクやフリマアプリで探したり、他のネットショップを検索したりします。

しかしAmazonプライムユーザーは、利便性重視で安いところを探そうとはあまりしないのです。

実際、僕もAmazonにはかなり取り憑かれてます(^^;

少々高くても明日すぐ使いたいものがあればAmazonでポチッちゃうんですねー。

Amazon恐るべし・・・。

カート取得率が高い

先に述べたようにAmazonユーザーは利便性重視です。

商品ページを見て、“カートに入れる“ボタンを押して、注文確定ボタンを押すだけです。

ほとんどのユーザーはこの2クリックの動作で注文をしています。

楽に買い物できて、すぐ届くってのは本当に最強です。

そして、この買い方をしているユーザーは、どのショップから購入するかはほぼ気にしません。

Amazonの商品ページの仕組みは、商品トップページに出品者1人だけが載せられるようになっています。

そのトップページに載せられている間に、お客さんがカートに入れるボタンを押して注文画面に進むと、商品が売れていきます。

このトップページに自分のショップが掲載されることを“カート取得”と言います。

カート取得率が高ければ高いほど、自分の商品は売れやすくなるわけです。

そしてこのカート取得率は、FBA出品者が圧倒的に高いです。

カート取得条件は具体的には公開されていませんが、確実に影響するのは、価格とプライムマークの有無です。

プライムマークとは、Amazonプライムユーザー向けの出品者のことで、FBA出品者とマケプレプライム出品者とAmazon本体の3種類です。

プライムマークのついた出品者は、プライム要件を満たしており、発送処理が最短で大体が翌日届き、送料が無料です。

自己出品者にはこのプライムマークがつきません。

なのでカート取得が非常に難しくなってきます。

では、同じ商品を出品している自己出品者や、他のFBA出品者からは商品が買えないのかと言うとそうではありません。

以下の画像のように商品トップページの“新品の出品”と”中古の出品”のボタンがあるのでそれをクリックすると出品者の一覧が表示されます。

値段をしっかり見極めて購入するユーザーはこの出品一覧から出品者を選んで購入します。

しかし今のところこの出品一覧から購入するユーザーよりも商品トップページから購入するユーザーの方が遥かに多いですね。

 

注文後の処理を全て代行してくれる

やはりなんと言ってもこのメリットは大きいです。

せどりを副業でやる人なら特にですが、物販はとにかく手間がかかるので、注文処理以降を自動でやってもらえるのは非常に効率的です。

自分自身は、仕入れと販売のみに集中できますからね。

あとは、返品対応もしてくれるので、非常に楽です。

配送コストを下げられる

これのメリットも大きいです。

自己出品の場合、注文が入れば、1つ1つの商品に配送料がかかってきます。

ゲームソフトやDVDの場合、クリックポストや定形外郵便を使えば全国一律で送ることができますが、ゆうぱっくや宅急便等は、宛先によって料金が変わってきます。

配送料がどれくらいかかるかという予測がつけづらいですし、何より1個ずつ商品を送るのは確実に高くつきます。

FBAに納品する場合は、最大160サイズのダンボールにまとめて送ることができます。

160サイズだと高くても2000円くらいで送れます。

このダンボールに、仕入れた商品を20個入れたとすれば、1個あたりの配送料は100円です。

また、大型商品に関しても、ヤマト便を使ってまとめてFBA倉庫に送ればかなり安く送れます。

総重量に対しての料金計算のため、空気清浄機みたいな大きいものを5個以上送るような場合は、ヤマト便を使っています。

大体1個あたり500円以内におさえることができます。

 

新規参入者でもFBAを利用していれば信頼度が高い

これもFBA出品のメリットで、評価が一つもついていない出品者でも自己出品者よりは売れやすいです。

なぜなら、先にも述べたように出品者を意識して購入していないユーザーがほとんどだからです。

カートさえ取得できれば、十分売れるわけです。

新規FBA出品者でも、価格を他のFBA出品者に合わせていれば売れていきます。

 

時と場合によっては自己出品の方が良い時もある

ほとんどの場合は、FBA出品者の方が有利ですが、中古品や、売れ行きがあまり良くないロングテール商品の場合、自己出品の方が有利な場合があります。

例えば、ものすごく古い商品で、新品出品者がいないような商品は、中古品を出品すると、出品一覧からしか購入することができません。

つまりその商品が欲しい人は、必ず出品一覧ページより、出品者を選びます。

その際に自己出品者が安ければ、自己出品者から購入される可能性は高いです。

売れ行きが悪いロングテールの商品の場合、長期間FBA倉庫に保管していると保管手数料のコストが増していきます。

特に大型の商品でロングテールとなってくると、気づけば保管手数料で利益が吹っ飛ぶなんてことも全然あり得ます。

そういう場合は、自己出品として出品を行い、売れるまでの間は自宅で保管しておく方がベストな場合があります。

(ただし、ロングテール商品は資金効率の面ではあまり仕入れることはおすすめしません。よほど利益が大きければ別ですが。)

 

大口出品か、小口出品か

ここまで解説すると多くの人は、FBAで出品を行おうと思いますが、Amazonセラーアカウントを登録する際に、大口出品登録と、小口出品登録で悩まれると思います。

結論から言うと、大口出品登録一択です。

理由は以下の通りです。

  • 小口だとカートが取得できない
  • 商品が売れるごとに100円手数料上乗せ
  • 月間50個以上商品を売ると小口は損

せどりを副業でやる場合でも、ある程度稼ごうと思えば、月間50個以上は売っていく必要があります。

大口出品は、月間5000円ちょっとの月額料がかかりますが、売る個数が多ければ、小口出品より安くなります。

もちろん初めからそんなにいっぱい仕入れられないと思いますが、後々のことを考えれば間違いなく大口出品ですね。

Amazonセラーは大口出品か?小口出品か?どちらが良い?違いとメリットについて解説
こんにちは、あきひろです。 せどり初心者さんあるあるで、よくこういった事を聞かれます。 ・Amazonセラーの登録は、大口出品か小口出品どっちが良い? ・はじめはあまり売れる自信がないから小口出品でも良いですか? といった質問で...

まとめ

まとめると以下の通りです。

  • FBA出品は圧倒的に売れやすい
  • カート取得で売れるか売れないかが決まる
  • 注文後の処理はすべてAmazonが代行
  • 配送コスト削減
  • 初心者でも売れやすい
  • 古本などの中古品の場合は、自己出品でも良い場合はある
  • 大口出品登録でアカウントを作る方が圧倒的にメリットが大きい

何よりも注文後の処理を自動化できることは、長年やっていてすごいメリットだと感じています。

FBA手数料は年々上がってきてはいるのですが、それでもこれだけのメリットがあれば使わざるを得ないですね。

あなたもこれからせどりをされるのであれば、ぜひFBAを使って効率的に売上を伸ばしていってくださいね。

以下のメルマガフォームより、メルマガにご登録頂ければ、「完全在宅電脳せどりスタートアップマニュアル」を無料でプレゼント中です!

≫無料プレゼントを受け取る

僕が実際に実践している電脳手法で、初心者の方が月利5万円稼げるまでにフォーカスしてマニュアル化しました!

マニュアルの最後には超有料級特典もありますので、ぜひ受け取っておいてくださいね😄

 

この記事を書いた人
あきひろ

人生失敗だらけの先にせどりに辿り着いた人。専業せどり6年目|組織化4年目|ブログ運営4年|ポイント乞食3年目|元エンジニア9年|元ギャンブル依存13年|「好きな時に好きな場所へ行く」「好きな時に好きな人に会いに行く」が生きがい。せどりの酸いも甘いも包み隠さず発信してます。質問、リプ、批判、お気軽になんでもどうぞ♪
twitterフォロー歓迎♪

あきひろをフォローする
せどり全般
あきひろをフォローする
あきひろぐ
タイトルとURLをコピーしました